FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by la mugio biancomua on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエコ「俺たちの事、食っても良いんだぜ☆」

Posted by la mugio biancomua on   0 

シュレーゲルたんの拒食は相も変わらずです。。
こんなに食わんのか君たち!私ならとっくに死んでるぞ!!(涙)


という訳で、前回の記事にも書いた通り、飼育環境を書こうと思います。。
後述しますが現在は多少変更しています。


フオクにて、
鳥取出身の男女と思わしき(確定ではない)二人組のシュレーゲルたんを購入!

その後、午前中に送られてきました。


鳥取出身の男女と思わしき二人組。



!!!?


じゃない!!

いわゆるシュレーゲルの明るい黄緑ではなく、透明がかった暗い緑青


もしかしたらずっと暗い場所にいたり冬眠するとこういう色になるんだろうなと早速勉強になりました。

しかし可愛すぎやしないか?



そして前日にセッティングしたこの箱ごとケージに入れました。

イメージ的には、熱帯魚の水合わせのつもりですw

少しでも早く慣れて欲しくてこうしました。
結果論から言うと、あんまり意味無かったみたいですがヾ(;´▽`A``


初期レイアウト俯瞰



いずれビバリウムもやりたいなとは思うのですが、
ビバリウムをやるにはまだ環境を整えられないし、まずは管理のしやすいシンプルレイアウトにしました。

なので床材は無漂白のキッチンペーパーです。

茶色なのは白より自然に近い色でビックリしにくいかなと思って。
い、今の所目に見える効果はないですw


それでは内容説明に入ります。


まずはケージ。
プラケの特大プラケ26(h) x 43 x 33です。

通販で購入したのですが勘違いしていて、
何度測り直しても22cmしかないじゃん、やられたわ…
と思ったら、高さ22cmのプラケなど無く、蓋の高さも入れて26cmだという事に気がつきましたw

もう少し高さがあっていいと思いました。やってしまた!\(^o^)/


左上は水ゴケに竜の髭。

シュレーゲルは土に潜るのが好きみたいなので、
全面に敷かない代わりに水ゴケ専用スペースを作りました。
潜れる+水分補給+トイレの3役です。

プラス、植物も植えようと思い、シダ類と悩みましたがこちらにしました。

竜の髭は土を選ばない陰性植物で、日本に自生している植物なので温度も関係無し。

子供の頃からリュウノヒゲに座るのが好きで、
小学校の朝礼台に植えてあったリュウノヒゲをいじめていましたw

でも強いから枯れないんだ!
あのときはごめん!これからもよろしく!

あと根ぐされ防止も入れてます。
園芸、アクアリウムをやっている私はこれを最高に過信しています。

生き物にも良いので、より健康的に育てるためのおまじない、という感じですね。



右上がポトスです。

これは元々水栽培で育てていたものを使用しました。
つる性なのでこんな感じになってます。

豪快に入れてみましたが、これによって隠れたり遊んだり出来るだろうなと思って期待を込めて。

…が!!

先程述べたレイアウトの変更とはまさにこれで、
シュレーゲルたん達がエサを食わないので、もっとエサが見やすいようにするためにもっとコンパクトのポトスに変更しました。

水栽培にしたのは土による汚れが無いのと、土に糞尿をした場合、それが分解されるのに掛かる月日を考えると不清潔な期間が何ヶ月も続く事になりますが、
植物が植えてある以上土は簡単に交換出来ないので、水栽培の方が管理が楽だと思ったからです。

またサブの水浴び場としても活躍しています。



上の真ん中、水ゴケ専用スペースとポトスの間のトレーがエサ置き場です。

ここにはシュレーゲルたん達は全く来ません。
来てないのか、来たけどスルーしてるのかは分かりませんが…

今は昼の間はコオロギを脱出させ、夜に入れるという事をしています。

場所を変えた方が良いのか、それともトレーを変えるべきなのか…


う〜〜〜む…ヾ(;´Д`●)ノ



右下は室温、湿度計です。
左側にあるマルチパネルヒーターから一番遠いところ、窓側に置いてあります。

基本的に温度は今の所22度前後
    湿度50~75%を推移しています。

諸説あり、特に湿度はどうすべきか思案のしどころです。

ただ、今は水浴び場がほぼ使用されていないので、湿度は高くても良いかなと考えています。



室温湿度計の隣にあるのが水浴び場です。

エサ入れと同じく空気です。(∵)

置き場所は転々としてますが空気です。(∵)

可哀想だから浮き草でも浮かべてみようかなw



そして左下がシュレたん達が送られて来たケースです。


開けたままにしてたら、オスと思わしき小さきシュレたんは割と早く出て来てポトスに登りました。

その夜にメスと思わしき大きいシュレたんはめんどくさそうに出てきました。


二人とも出て来たのでこのケースはケージから出しました。


さて、こんな感じでしょうか。。

はメスは水ゴケに潜りっぱなしでもそもそしていて、
  オスは日ごとに場所を変えてプラケの上の角に張り付いてます。


ここに来る前は、無加温で水ゴケを敷いたケージにいたそうで、
やはり気温が下がって来た事で食欲が減っていたそうです。

が、うちに来た事で環境の変化により、さらにその食欲が無くなっているみたいです。

暖かくして冬は来ないよと言っても、

「どうせ暖かいのは2、3日だけでしょ?私は寝るわよ!異常気象乙!!」

という感じでもぐりっぱです。



今は木の棒も入れて立体的にしています。

その件もまたの機会にします。


明日はエサ減ってますように!

では!

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。