FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by la mugio biancomua on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1の壁(初期の拒食)を乗り越えるための賢者の手記

Posted by la mugio biancomua on   0 

前回の記事に書いた第1の壁(お家に連れて来た当初に起こる拒食)は、

シュレーゲルたんも辛いが、飼い主も辛いのである…。

当たり前だけど生き物なので、
拒食が死に直結することを全ての人が理解しています。


なので、ネットには沢山の落ち着かない飼い主さんと、
飼い主さんを落ち着かせる親切な先人達のやりとりが残されています。


そのありがたいやり取りを自分もこれからシュレーゲルたんを飼う人にも役に立てるように、
見やすいようにメモしておきたいと思います。

皆様にもお役立て出来ますよう、心より応援しています。

何かあればコメントにお願いします。



case1

状況

 ペアを貰って飼育を始めたが、土に潜って出てこない。
 その後、エサを食べない。

環境

 ・60cm水槽
 ・土に草木植えた
 ・水場あり、霧吹きで湿度保ち
 ・今日(5/31)は室温17度 ⇒ その後ストーブを付けて室温を上げた


☆ありがたいお言葉☆

 ☆新しい環境に慣れてない、室温低下の影響、室温の温度変化の幅、住人の生活スタイル、エサの種類などの変化にも敏感

  ⇒慣れれば食べるようになる!

    ★雄雌や個体によって性格があり、シャイで控えめな食の細いカエルから貪欲なハンターまでいる。

    ★食べ始めると沢山あげたくなるが、3日に1度、コオロギなどを2~3匹程度。

      ⇒両生類は拒食より過食の方が死の原因になりやすい

       ★消化に三日掛かるとも言われている

 ☆そう簡単には餓死しない

  ⇒どうしても気になるなら、暖かくした土の無い別のケースにしばらくエサと共に入れてみれば?


☆その他役に立つ情報☆


 ☆20度を切ると、動きが鈍り潜る。20度以上をキープすること。

 ☆ライトは無くても良いが、1日の流れを作るため、植物のために水槽用1灯ライトをつけたい。

  ★植物に合わせて蛍光灯を選んでも良い。
  ★爬虫類用の強い紫外線照射ランプは逆に極度の乾燥を招き死に至るので必要なし。

 ☆水苔は夏場の腐りを避けて時々交換、エサ捕食時の同時飲み込みによる脱腸に多少の注意が必要。

 ☆そのうち定位置が出来る。基本上の方。

  ★レイアウトを工夫して観察しやすい場所を提供してみる。

 ☆神経質になりすぎるとかえって病気になる気がするので、放置放任主義もあり。

 ☆色が薄いのはオタマジャクシの時の日光不足

 ☆腐葉土系はドロドロになり、掃除も大変

 ☆土系飼育は、水分切れで身体に付いた沢山の土が乾き、その乾いた土がまた身体の水分を奪い乾燥死。



case2


 状況

  捕まえてきた個体
  1日目にバッタ2匹(3cmと1cm)を食べて拒食が始まった
  拒食9日目
  モリアオかもしれない、体長5~6cm、オス

 環境

  ・30cm(h) x 25 x 25のガラスケース
  ・ヤシの実100%の土に安全そうな土を混ぜた土(深さ10cm強)、ポトス、水浴び場、隠れ家有
  ・窓から離れたところに置いています
  ・室温25°(気温の上がる11時~15時くらいまでエアコンで管理)
  ・霧吹きを1日に1〜2回
  ・コオロギを1匹ずつ

    ⇒毎日コオロギを入れておくとコオロギのいる環境が普通になってしまうので入れない期間を作る
     (ハチクラの店員さんのアドバイス)



☆ありがたいお言葉☆

 ☆環境の変化で食欲を無くしている

 ☆捕獲翌日にバッタを食べたからコオロギが嫌いなのかも

  ⇒他のエサを与える

   ★ハエ・アブなど羽を動かす系が大好きなので食いつきが良い

 ☆食べることを意識させるため、アマガエル(食べられることがあるので大きめ)を入れて
  アマガエルにエサを与える。刺激になる。

 ☆最初はやはり食いは渋めなことが経験上多い

  ★特に冬場は10日以上の拒食もある

   ⇒その場合は3~5日ほど何も入れずに放置mその後入れると反応する
   ⇒それでも食わないなら引き上げてまた次の日にチャレンジ

  ★入れっぱなしにしない方が良い

 ☆オスは食が細め
  慣れてくれば食べないことはまず無い、食欲旺盛
  動きをじっと確認してから飛びつくタイプ

 ☆コオロギの大きさ、種類を変える
  活動豊かな夜間に入れてみるなど色々やって様子を見る

 ☆最初はみんな心配で不安になる

  ⇒気にするあまり過保護になってしまうことで自然ではなくなり不安定になる

   ★まずは環境に馴染ませ、落ち着かせ、自分もじっくり粘り強くが一番!


☆その他の役立つ情報☆

 ☆高所に行きたがるのはそこしか行きたい場所が無いから

  ★カエルが大きいとポトスは不安定で殆ど乗らない
  ★気に入った場所に留まることが多い
  ★木の枝や長めの流木を入れるのがオススメ

 ☆地面に降りることが少ない種

  ⇒水容器があれば、土、ヤシガラ << 水ゴケ、バークチップ
   よりメンテが楽

    ★カエルの尿や糞をそのままにするのは不清潔、不衛生で土、ヤシガラを敷いた場合交換が難しい

    ★バークチップは大きいのを使うとコオロギの隠れ家になってしまうので注意


 ☆セッティング後、一週間位は水槽内で隠れるようにしてエサも食べなかったが、
  今はピンセットからも食べるように。

 ☆最下部に張り付いて動かない、餌に興味がない状態=おそらく冬眠に入っている(入ろうとしている)



その他


 飼育開始から食べない
 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6726441.html
 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5031844.html?from=recommend

 飼い方
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1041489205

 温度が下がり動かなくなって来た
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1195343986

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。