FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by la mugio biancomua on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンゴツメガエル(ヒメツメガエル)の飼い方

Posted by la mugio biancomua on   5 

じ、実はシュレーゲルアオガエルを飼う1ヵ月前から、

ヒメツメガエルという水棲のカエルを飼っていた事を白状致します(*´∀`*)笑



DSC_0118.jpg

「おーらーーい、おーらーーい」



基本的には金魚と同じ飼い方ができ、
肉食魚のエサや実験などにもしようされるほど繁殖もしやすく(ノ△・。)

それくらい飼育は易しい部類のカエルです♪

そしてとても愛されているカエルなのですヽ(*´∀`)ノ



今回、自分なりに飼い方を確立しつつあるので、

初めて飼う人が知っておくべきこと、
気を付けたいことなどを書き留めておこうと思います。





DSC_0097.jpg


「なんかはじまた!」(=゚ω゚)







◆コンゴツメガエルの飼育◆


〜忙しい方へ〜
飼育に最低限必要なもの、知識


必ず必要なもの

 ・水槽
 ・蓋(脱走防止)
 ・ヒーター(20度以上を保てるもの)
 ・エサ(1日1回を週2〜5回、少なめに)


あった方が良いもの

 ・濾過器
 ・エアーレーション
 ・水草
 ・底床(こまめに掃除出来る人は必要なし)
 ・ミナミヌマエビ
 ・シェルター(身を隠せるもの)




特徴

 ・別名ヒメツメガエル
 ・ピパ科
 ・水棲のカエルで、一生を水の中で過ごします
 ・体長:30〜40mmくらい
 ・太ってなければ身体の厚みは少し薄い
 ・寿命;3〜8年

 ・アフリカの熱いところに住むカエル(冬眠しない)
 ・水温:22〜28と言われるが適応温度はもっと広い(15度以上あれば大丈夫)
 ・基本的には24度前後になるようにしましょう

 ・夜行性で普段は底面を這っており、陰に隠れている 
 ・自然下では泥にもぐって隠れたりするらしい
 ・年中繁殖活動をする=天敵も多く、肉食魚の良い餌になる

 ・少し臆病で音には敏感だが、人間に慣れる

 ・水面へ凄いスピードで呼吸しに行く、良く動く
 ・動きやポージングがユーモアに溢れ、とても可愛らしい



脱皮

 ・脱皮は一瞬で行う
 ・陸棲のカエルと違い、脱皮した皮は脱ぎながら口には入れない
 ・脱皮した皮自体は脱いだ後に発見すれば食べるらしい
 ・カビの生える病気になった場合、隔離してピンセットでカビを取り除き薬浴。
   脱皮で治ることもあるらしい
 ・内臓は透けているので、元気な時の内臓の写真は撮っておくこと



エサ

 ・餌は口に入るサイズのものは何でも食べる(活き餌、人工餌)
 ・お勧めはカルシウムの入った餌
   エビの餌、カメの餌、ミナミヌマエビの稚エビなど
 ・私はエビやカメの餌をエビが食べやすいサイズに砕いて、
   少ない量で全体に行き渡るようにあげている
   ヒメツメガエルよりエビに行き渡るようにすることで餌のあげすぎ予防になる

 ・弱い視覚とちょっと鋭い嗅覚を頼りにエサを探す
 ・エサは食べるのが苦手で良く外す
 ・ピンセットや指による餌付けも可能

 ・稚魚、ヒメツメガエルが口に入るサイズの肉食魚でなければ混泳可能

 ・空振りするがよく食べるので、
  他の両生類と同じく肥満による病気、死のリスクがある
 ・両生類なので1ヵ月くらい食べなくても平気だが、
  週2、3の餌やりくらいが安定
 ・底床、水草(特に浮き草)など誤飲も多い
 ・食べれないものはすぐ吐き出すが、吐き出さない場合は注意が必要



水槽

 ・肺呼吸のためそれほど酸素の心配はしなくても良いが、
   水質の悪化には弱い傾向があるので、大きめが推奨

 ・1匹につき5Lあれば余裕だと思われる
   過密の場合は当然、水質管理に気をつけること
 ・基本だが、餌やりの頻度を多くするならそれなりの濾過、換水が必要

 ・水草を引っこ抜いたりしないので、水草水槽でも飼える



底床

 ・底床は誤飲しないもの(少し重さのある大磯や口より大きい砂利)
  あるいは吐き出しやすいもの(ソイルなど)
 ・底床の掃除は混泳してる生き物によって増やす、最低でも月1で行うこと
 ・底床の汚れがたまるとレッドエッグなどの病気のリスクが上がる



濾過

 ・濾過は混泳させる生物、水草などに合わせてOK
 ・ボトルアクア(無濾過、ヒーター有)でも可能
 ・水質の悪化に気をつけること




DSC_0087.jpg

「うっす!世話になりまっす!」




導入

 ・導入は慎重に行う
 ・病気は作らない、持ち込まない、持ち込ませない(非核三原則と同じw)

 ・購入する際、目、肌、お腹、足を良く見ること
 ・購入するピパ以外も観察して、病気が疑わしいピパがいた場合、
   特に注意して薬浴すること
  元気でも、病気の菌を持っていて移動、環境の変化により病気になる可能性がある
 ・ペットショップの水は絶対に入れない
 ・後から追加する場合も当然薬浴消毒すること








とても可愛らしく、飼いやすく、手に入りやすいカエルです。

その一挙手一投足は、見るものを癒してくれます。


コンゴツメガエルについての飼育法は、
シュレーゲルアオガエルと同じように情報が少ないです。

なので今後はヒメツメガエルについても載せていきたいと思っています。



「これから飼う」という方がいましたら、
ぜひぜひブログを始めて飼育の記録を書いてみませんか?

本当にちょっとしたことだけでも良いんです。

そうすることであなたのブログが役に立ち、

飼育法が分からない人や飼育に行き詰まっている人が減り、

幸せに暮らせるヒメツメガエルが増えると思っています。



この記事もまた、これから飼う方のために役に立てれば幸いです。

幸せなコンゴツメガエルが増えることを祈って、
これからも畳ブログを書いていきたいと思います。


※ただし今現在の私個人の考え(当然変わる可能性もある)であり、
 掲載している内容は間違っている、変更する可能性もありますのでご容赦下さい。※



それでは。
スポンサーサイト

-5 Comments

風小僧 says...""
こんばんは(^^)
ツメガエル飼ってました(^^;
アロアナの餌にしてましたが動きや表情が面白く餌から昇格しました(^^;
もう随分前の話ですが(^^;
2015.02.11 01:17 | URL | #hWEpD.zo [edit]
la mugio says...""
こんばんは♪
カエルはタンパク質が豊富なので良い餌になります。
アロワナにはあまり詳しくないのですが、
アロワナを健康に育てることを考えたらツメガエルは良いチョイスなんでしょうねヾ(;´▽`A``
餌から昇格したツメガエルさんは幸運でしたね!笑
表情とポーズの豊かさはツメガエルの一番の良さですよね♪(*´∀`*)
またコメントお待ちしています!
2015.02.11 02:18 | URL | #5qzR/yyo [edit]
シン says...""
1週間前から飼いだしました。グッピーと同じ水槽ですが仲良くやってるみたいです。

餌は冷凍赤ムシですが、良く食べてます。

これからが楽しみです。
2015.06.27 00:40 | URL | #RSx9Hk0E [edit]
la mugio says...""
シンさん初めまして♪
コメントありがとうございます!

グッピーと一緒に飼い始めたんですか♪
楽しい水槽になりそうですねヽ(*´∀`)ノ

冷凍赤虫は動物性タンパク質が豊富で良い餌ですが、
ときどき植物性のものを含む餌やカルシウムを含む餌も与えるとより良いと思います♪

あと冷凍赤虫はあげすぎると水質が汚れやすいので気を付けて下さいね!
2015.07.03 01:55 | URL | #5qzR/yyo [edit]
says..."承認待ちコメント"
このコメントは管理者の承認待ちです
2017.11.15 08:56 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。