FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by la mugio biancomua on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュレーゲルたん飼育の壁

Posted by la mugio biancomua on   0 

シュレーゲルアオガエルの飼育にはまず、乗り越えなければならない第1の壁が存在します…

それは、初めての食事です。


なぜ飼うことにしたか。
その経緯や環境をどう整えたかを書かないのかというと、
この壁をまだ乗り越えておらず、浮かれるに浮かれきれない心境だからです。


ではこの第1の壁についてと、今どんな感じなのかを説明したいと思います。


シュレーゲルアオガエルは、自然下では生き物を探そうとしなければなかなか会えません。
現に、シュレーゲルアオガエルの鳴き声は聞いたことあるけど、
大人になってもシュレーゲルアオガエルを知らない、その姿を見たことが無いという人もかなりいます。

それもそのはず、シュレーゲルアオg……

長いですね、普段シュレーゲルたんと呼んでいるのでそう呼ばさせてもらいますw


で、シュレーゲルたんはアマガエルと比べてかなり臆病であり、神経質であると言われています。

どうしてかというと、憶測ですがアマガエルと比べて擬態能力が優れていないからだと考えられます。
また、木などを登り、高いところで生活し、天敵から身を隠すにも、もう一回り大きいモリアオガエルに負けてしまっているのかなとも思います。

なので日が当たり辛く、真上からでは見えない場所に隠れて生活しています。



さて、シュレーゲルたんがどういうカエルか分かった上で、
飼育下ではどうかというと。


ず、新しい環境に連れてこられたシュレーゲルたんはとにかく臆病になり、絶食になります。

新しい場所に慣れ、人に慣れ、音に慣れ、水に慣れ、湿度温度に慣れ…

そうしてやっと餌を食べるのです。


先人達のありがたいお言葉には、

「1週間経っても餌を食べていないようであれば、元いた場所に帰そう」

というものがあります。


ちに来たシュレーゲルたん達は、まだ食べてくれていません。

新しい環境というだけでなく、うちに来る前は夜は15度を切る環境にいたので、
冬眠準備に入っていたようで食欲もだいぶ減っていたそうです。


そうした理由もあって、もしかしたら新しい環境に慣れるのに時間がかかりそうでハラハラしています。

イエコはというとやって来て早々鳴きまくり、卵も生んでいるというのにw

この辺が虫と両生類の知能の差なのだろうかw
賢いからこそ、だなw

ほんと、シュレーゲルたんは可愛いなあw


れから例外があって、それはオタマジャクシから育てる
またはカエルへの変態直後から育てる場合はかなり人に慣れるそうです。

なので本当はオタマジャクシから育てたかったのですが、
買うことを考え始めた時にはもうオタマジャクシのシーズンは終わっていました orz


というわけで、第1の壁を乗り越えてくれるように祈るばかりです。

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。