FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by la mugio biancomua on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物(ポトス)とシュレーゲルアオガエル

Posted by la mugio biancomua on   2 

前回のつづきです♪

今回はシュレーゲルアオガエルが植物をどのように利用しているか、です(*^^*)


前回も貼りましたが、
このようなグラスにポトスを入れてケージに置いています♪

ポトスの全体画



そこに直接ジャンプして葉っぱに乗っかるか、
グラスからよじ登ります。


のそのそとポトスへ向かうメス


のそのそと・・・。

たまにこの状態でずっといる事もありますw



それからポトスの蔓で休んだり、、


ポトスのつるで休むっす




葉っぱの上でテカテカしながら眠ったり。。


ポトスの中でテカって眠るメスさん

伝わらないと思いますが、

ニス塗ってるんじゃないか? と思うくらい。
ワックス塗り立ての床と見間違うくらいテッカテカです(笑)



葉っぱの重なるところに隠れて眠ったり。。


シュレーゲルアオガエルポトスサンド

「おまたせしました、シュレーゲルアオガエルのポトスサンドです♪」



水ゴケをのせているところで、
お風呂代わりにして水をあびながら眠ったりもします。


ポトスの135°俯瞰画

仲良く水ゴケお風呂タイム


「今宵はお風呂が混んでますな」

「おぬしはあちらのお風呂に行きなされ」




このような感じで、
シュレたん達のおひる寝場、隠れ家、お風呂として利用されてますヽ(*´∀`)ノ

ポトスとグラスは、
シュレたん達が利用する度に洗うようにしています♪


というわけで次回は『お風呂について』です。

長々と説明してしまいましたが、
読んで下さいましてありがとうございます!

関連記事
スポンサーサイト

-2 Comments

ケロンボ says...""
la mugioさん、こんばんは!
カエルの飼育ケージに適した植物のお話、大変面白かったです。

私もアマガエルを飼育するとして、何か植物を入れるとしたら、
この斑入り葉のポトスを選びます。
耐陰性に極めて優れ、過湿にも乾燥にも刈り込みにも強く、
葉や茎の形状がカエル好みで、理想的な植物ですよね。
エサになる虫やカエルの落下防止のために、
水面に水ゴケをしくというのは、素晴らしいアイディアですね!

うちにも同じポトスがあり、鉢植えや水栽培で増やしています。
というか、剪定した枝が捨てられなくて、増えてしまうんですが(^_^;)

「シュレーゲルアオガエルポトスサンド」、
「シュリンプアボカドポテトサンド」みたいで美味しそうですが、
食べようとしたら、逆に食いつかれそうです……中からこっち見てるし(笑)
オスさんとメスさんが一緒にいる写真に和みました(^_^)
2014.12.11 20:28 | URL | #eawh9H.c [edit]
la mugio says...""
ケロンボさんこんばんは♪
長かったと思うのですが、読んで下さいましてありがとうございます!
飼育関係の話しなので退屈に感じてしまうかなと思ったのですがそう言って頂けますと凄く嬉しいですヽ(*´∀`)ノ

背の高い植物と低い植物をそれぞれ入れるとしたら、ポトスは育て方次第で地面に這わせる事も出来るのでどちらとしても使い勝手が良いんです。
植物が枯れる環境は植物にもカエルにも良くないので、特にポトスのような強い植物が枯れたら環境を見直す切っ掛けにもなります。

エサとなる虫、とくにシュレたん達に与えているイエコオロギはグラスは当然ですが、ポトスも登れないほど脚が弱いです。
なので水に落ちたら死んで水を腐らせてしまうのですが、水ゴケがあれば例え隙間に落ちても登る事も出来るので事故防止にもなります(*^^*)
カエルも落ちても登れるとは思うのですが万が一がありますので。。
それにグラスやポトスに捕まって下半身だけ浸かるよりは水ゴケのクッションの上で吸水する方が落ち着いているように見えます♪

ポトスを増やしているんですね!
確かに意味も無く増やしては捨てられなくなりますよねヾ(;´▽`A``
私もアボカドを育てられる事を知って以来、去年は食べる度に芽を出させて増やしすぎてしまいました(笑)
ついついやってしまうんですよね。。

たしかに「シュリンプ アボカド ポテト サンド」に似てますね(笑)
味は全く似てないと思いますけどヾ(;´Д`●)ノ
しかも「活きシュレーゲルアオガエル」なので噛むのが怖くてずっと口の中で暴れ続けるでしょうね(笑)

ちなみに日本のカエルは不味いそうです(笑)
なので同じ両生類のサンショウウオは食べますが、カエル料理は発展せず、
大正以降に海外から食用でウシガエルを輸入したもののカエルを食べる習慣が無かったため発展しなかったとか。。
水族館で魚を見て「美味しそう」とか呟く輩がいますが、もし日本でもカエルを食べる習慣があったら、このブログのシュレたんを見て「美味しそう」とか「食べるために育ててるの?」とかコメントされていたのでしょうか?ヾ(;´▽`A``(苦笑)
江戸時代にはカエルを飼う人達が居たそうですが、食べる人が居なくて良かったです。

実は2匹が近寄る事は意外と少ないのですが、
最近これとは違う写真が撮れたので近々アップしたいと思います!
2014.12.12 01:14 | URL | #5qzR/yyo [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。