FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by la mugio biancomua on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱皮!?

Posted by la mugio biancomua on   5 

午前2時頃だったでしょうか。


シュレたんは夜行性なので深夜も覗くのですが、

その日は見慣れないモノが・・・




初めての脱皮!?




ぷ、プラスチック!?



写真の左上、ケージに張り付いている透明な何か。。
それが写真の右下にいるメスの身体へと伸びていました。



・・・もしかして、脱皮?ヾ(;´Д`●)ノ



実はまだシュレたん達の脱皮を見たことがなかったのです。

でも聞いてたのと少し違う・・・気がするけど、
壁で脱皮してる途中に壁に引っ付いちゃったのかな?ヾ(;´▽`A``



その後、一生懸命手でかきながら脱皮し終わり、

その姿を刺激しないように応援しながら見守りました。



脱皮した皮は壁に残されたままだったので、
壁面を掃除すると同士に捨ててしまいましたが、
ちゃんと観察すれば良かったです。



こうして脱皮を初めて目撃し、
生命の神秘を改めて感じました。


肌の美しさを敬いましょうとも



シュレたんの美しい身体はこうして保たれているんだね(*´∀`*)
初めての出会い、食事、排泄に続き、またも感動してしまいました。



両生類、爬虫類にとっての脱皮は健康のバロメータです。

脱皮の頻度は決まっていないらしいので、
これからはしっかり記録したいと思っています♪

関連記事
スポンサーサイト

-5 Comments

ケロンボ says...""
la mugioさん、拙ブログにお越しくださってありがとうございました!

シュレーゲルアオガエル、本当に魅力的な生き物ですね。
また、構図やシャッターチャンスの捉え方がユニークで、
唯一無二のla mugioさんワールドが展開されているという感じです(笑)
プロフィール写真にも使用なさっている「メス」さんの正面顔、最高ですね。
「チチンプイプイ、ケロンボよ、ハエさんになあれ」とか言われて、
呪文にかけられて食べられてしまいそうな妖しい魅力を感じます。

……って、おふざけはおいといて、今回の「メス」さんの脱皮の件ですが、
ご推察のとおり、脱皮途中に皮がたまたま周りにあったものに張りついて、
口の中に引っ張り込む前に、ずるっと脱げてしまったんだと思います。
「脱皮者続出」というキーワード検索で、
一番に出てくるブログ記事をご覧になってみてください。
こちらはアマガエルを飼育されていた方のブログのようですが、
今回の「メス」さんと非常によく似た事例だと感じます。

初コメントで長々と失礼しました。
今後ともよろしくお願いいたします(^^ゞ
2014.12.03 23:07 | URL | #eawh9H.c [edit]
la mugio says...""
ケロンボさん、コメントありがとうございます!!

唯一無二ですか!笑
かなり自由にブログを書いていてまだ形も見えてないのですが、
ケロンボさんにそういって頂けますと本当に嬉しいです!

写真は凄く難しくて頭の中で試行錯誤していますヾ(;´▽`A``
自然の中ではなく、ケージの中の世界だけなのでパターンには限界もあると思いますし、
そのパターンをどう広げようか考えたりしています!
動物の写真はむずかしい!でも時間を忘れられて楽しいしかわいい!笑
記事にする写真選びもまた難しくて、ケロンボさんや動物ブログの皆さんのブログを見て勉強させて頂いてます♪

正面顔の写真はまさに魅惑の呪文をかけているようですね!言われてハッとしました!笑
カエルは日本でも浮世絵の題材にされていたり、西洋でも物語に出て来たりしますね。
瞳の美しさは魔法をかけているようでもあり、
可愛らしい動作は本当は魔法をかけられた人間なんじゃないかと思わせたり。。
ケロンボさんがもしハエさんになってしまったら、
うちのシュレたん達ではなくトビタン君たちに食べられる事を選びそうですね!笑
2014.12.04 17:26 | URL | #5qzR/yyo [edit]
la mugio says...""
ケロンボさんに教えて頂いたブログを拝見致しました!
まさに同じ事例でビックリしました!
ツリーフロッグの脱皮では良くある事例なのでしょうか。。
その後の経過を見ても特に問題ないみたいなので一安心です(*´∀`*)

教えて下さいまして本当にありがとうございます♪
またブログに遊びにいかせて頂きます!
2014.12.04 17:32 | URL | #5qzR/yyo [edit]
ケロンボ says...""
このivyさんというブログ主さんは「やけに珍しい脱皮シーン」と書かれていて、
私自身も他にこういう脱皮は見たことがないんですが、
こちらのアマガエル君はこの後も長期間元気にしていたようですよね。
私も全く問題ないんじゃないかと思います。

動物写真は難しいけど面白いというのは同感です。
また、相手が繊細な生き物だと、
「今撮りたいけど、相手は撮られたくなさそうだ…」という葛藤が、
常につきまといますよね。
la mugioさんもそのあたり、逡巡しつつ、
シュレさん達に配慮なさってる様子が優しいなあと思います。

ちなみに、私がもしハエにされてしまったら、
メスさんに飛びつかれないよう安全な距離をキープしつつ、
何とか元に戻してもらえるよう、手をすり足をすり、ゴマをすり続けます(^_-)
2014.12.04 23:47 | URL | #eawh9H.c [edit]
la mugio says...""
途中で脱皮しきれず、身体に残ってしまって輪ゴムで腕の血流を止めるような状態になった時に問題になるそうですね。
皮が残っても、自然下では石などの上を移動する際に削れて取れていくとか。。
今回は身体には残ってないみたいで、ケロンボさんにも教えて頂いたので大丈夫だろうと安心出来ました(*´∀`*)

肌を構成するタンパク質とビタミンがしっかり取れている事が基本だと思います。
人間だと半年で身体の細胞が入れ替わると言いますが、カエルの場合はもっと早いのでしょうね。
数ヶ月後も健康でいられるように栄養不足にならないように食事に気を使いたいです♪

動物写真は大喜利だなあと感じます。
撮る人の感じ方次第と言いますか、動物が何を考えているかは分からないので「そう言われたら確かにそう見える!」という解答を見つける面白さがあると思っています♪

配慮が出来ているかは分かりませんが、驚かしたり邪魔をしないようにする事と、フラッシュを焚かない事、出来るだけ短い時間で沢山撮ることを意識しています。
でもやっぱり「くっそー!!バレた!!」って時はありますヾ(;´▽`A``(笑)
野生の動物を捕る時は特に・・・

ハエになってカエルに近付くのは恐怖ですねヾ(;´Д`●)ノ(笑)
私ならカエルの糞を持って近付きます、最悪食べられてもそれなら吐き出すと思うので(笑)
2014.12.05 22:57 | URL | #5qzR/yyo [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。