FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by la mugio biancomua on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の食欲減退に対する仮説

Posted by la mugio biancomua on   0 

イエコのレプトミン和え

イエコのレプトミン和えを食べるポールくん。




カエルは冬になると冬眠します(*^^*)

そのためカエルが大好きな人は、
この時期はカエルに会うことが出来ないのでとても寂しい思いをします!笑



そして飼育していると冬眠させるかさせないかを選ぶことになります。



冬眠をさせないと当然ごはんを食べるのですが、

どういった理由からかは分かりませんが、
なぜか食欲が減退します。


これは結構よく起こるみたいです(ノ△・。)

これが大きな問題になることは少ないみたいなので安心ですが、
食欲が下がるとやはり少し不安になります。。



私なりに仮説を立てたのですが、


夏から秋にかけて、冬眠のために沢山脂肪をつけて冬眠の準備をします。

それと同時に、春の産卵のために卵や白子に栄養を蓄えます。

なぜなら数ヶ月間の冬眠から覚めたカエルは、
エサを食べずに(エサがいないから?)繁殖行動を行うからです。

繁殖行動にもかなりエネルギーを使うので、
それだけ栄養を効率良く蓄えていることが考えられます。



冬眠をさせないというのは、
これだけ沢山蓄えたエネルギーが全て余ることになります。




カエル達はいつもの感覚で夏から秋に栄養を蓄えるのですが、
いつまでたっても冬が来ませんヾ(;´▽`A``


なのでカエルは蓄えた栄養を消費する傾向に向かう

あるいは健康的に蓄えられるMAXがあり、
これ以上蓄えないように増えていた食欲が減るのではないか、ということです。



カエル達も太るために必要以上に食欲をわざと増やしていたので、

冬眠させないのであれば、しっかりと見極めて、
夏から秋のごはんのペースを考えてやらなければいけません。



くれぐれも太らせすぎないように気を付けたいものです。。

スポンサーサイト

ひなたぼっこ

Posted by la mugio biancomua on   2 

春まだ浅く、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。



と、時候の挨拶も済んだところで(笑)


ひなたぼっこが好きな私は、冬の晴天が大好きです(*^^*)

冬は植物もなかなか育ちませんが、
それでも冬の晴れ晴れとした日は植物も喜んでいるように感じます。


冬の水やりは一番忘れがちになってしまうので、

暖かくなって思い出し、枯れていた・・・
なんてことにならないように腫れの日にこそ気をつけないといけませんね!



我が家のシュレーゲルたん冬眠させずに育てています。

ヒーターによって、20~25度を保っていますが、
私が家にいて晴れている時は少しでもケージに日が入るようにしています♪



そんな2月のある日の、

ポールくんのひなたぼっこです♪





ちょうどいい日当りを探し中


ここじゃない・・・



アルちゃんは日に良く当たり、良く眠りますが、

ポールくんはどうやら日の当たる葉っぱの裏が好きみたいで、
好みの場所を探しにうろつきます。。




背中あったか・・・



背中あったか・・・ここじゃないけど一休み・・・




好みの場所ではなさそうですが、すごく眠そうです(*´`*)笑




緑のなかの緑



ここ!



ポトスをつたってつたって、ここに決めました♪


実に綺麗な緑色ですヽ(*´∀`)ノ


ぷっくり膨らんだお腹にポトスの蔓が当たってますが、
本人は気にしてないみたいです(笑)




冬の夕暮れ


もう夕方じゃないか



夕暮れ時までひなたぼっこしました(*^^*)


窓際が寒くなる前にさっさと帰りましょう!

冬の窓際はカエルや植物にとって、なかなか厄介です!笑



暖かい春が来るのが待ち遠しいですな。。

コンゴツメガエル(ヒメツメガエル)の飼い方

Posted by la mugio biancomua on   5 

じ、実はシュレーゲルアオガエルを飼う1ヵ月前から、

ヒメツメガエルという水棲のカエルを飼っていた事を白状致します(*´∀`*)笑



DSC_0118.jpg

「おーらーーい、おーらーーい」



基本的には金魚と同じ飼い方ができ、
肉食魚のエサや実験などにもしようされるほど繁殖もしやすく(ノ△・。)

それくらい飼育は易しい部類のカエルです♪

そしてとても愛されているカエルなのですヽ(*´∀`)ノ



今回、自分なりに飼い方を確立しつつあるので、

初めて飼う人が知っておくべきこと、
気を付けたいことなどを書き留めておこうと思います。





DSC_0097.jpg


「なんかはじまた!」(=゚ω゚)







◆コンゴツメガエルの飼育◆


〜忙しい方へ〜
飼育に最低限必要なもの、知識


必ず必要なもの

 ・水槽
 ・蓋(脱走防止)
 ・ヒーター(20度以上を保てるもの)
 ・エサ(1日1回を週2〜5回、少なめに)


あった方が良いもの

 ・濾過器
 ・エアーレーション
 ・水草
 ・底床(こまめに掃除出来る人は必要なし)
 ・ミナミヌマエビ
 ・シェルター(身を隠せるもの)




特徴

 ・別名ヒメツメガエル
 ・ピパ科
 ・水棲のカエルで、一生を水の中で過ごします
 ・体長:30〜40mmくらい
 ・太ってなければ身体の厚みは少し薄い
 ・寿命;3〜8年

 ・アフリカの熱いところに住むカエル(冬眠しない)
 ・水温:22〜28と言われるが適応温度はもっと広い(15度以上あれば大丈夫)
 ・基本的には24度前後になるようにしましょう

 ・夜行性で普段は底面を這っており、陰に隠れている 
 ・自然下では泥にもぐって隠れたりするらしい
 ・年中繁殖活動をする=天敵も多く、肉食魚の良い餌になる

 ・少し臆病で音には敏感だが、人間に慣れる

 ・水面へ凄いスピードで呼吸しに行く、良く動く
 ・動きやポージングがユーモアに溢れ、とても可愛らしい



脱皮

 ・脱皮は一瞬で行う
 ・陸棲のカエルと違い、脱皮した皮は脱ぎながら口には入れない
 ・脱皮した皮自体は脱いだ後に発見すれば食べるらしい
 ・カビの生える病気になった場合、隔離してピンセットでカビを取り除き薬浴。
   脱皮で治ることもあるらしい
 ・内臓は透けているので、元気な時の内臓の写真は撮っておくこと



エサ

 ・餌は口に入るサイズのものは何でも食べる(活き餌、人工餌)
 ・お勧めはカルシウムの入った餌
   エビの餌、カメの餌、ミナミヌマエビの稚エビなど
 ・私はエビやカメの餌をエビが食べやすいサイズに砕いて、
   少ない量で全体に行き渡るようにあげている
   ヒメツメガエルよりエビに行き渡るようにすることで餌のあげすぎ予防になる

 ・弱い視覚とちょっと鋭い嗅覚を頼りにエサを探す
 ・エサは食べるのが苦手で良く外す
 ・ピンセットや指による餌付けも可能

 ・稚魚、ヒメツメガエルが口に入るサイズの肉食魚でなければ混泳可能

 ・空振りするがよく食べるので、
  他の両生類と同じく肥満による病気、死のリスクがある
 ・両生類なので1ヵ月くらい食べなくても平気だが、
  週2、3の餌やりくらいが安定
 ・底床、水草(特に浮き草)など誤飲も多い
 ・食べれないものはすぐ吐き出すが、吐き出さない場合は注意が必要



水槽

 ・肺呼吸のためそれほど酸素の心配はしなくても良いが、
   水質の悪化には弱い傾向があるので、大きめが推奨

 ・1匹につき5Lあれば余裕だと思われる
   過密の場合は当然、水質管理に気をつけること
 ・基本だが、餌やりの頻度を多くするならそれなりの濾過、換水が必要

 ・水草を引っこ抜いたりしないので、水草水槽でも飼える



底床

 ・底床は誤飲しないもの(少し重さのある大磯や口より大きい砂利)
  あるいは吐き出しやすいもの(ソイルなど)
 ・底床の掃除は混泳してる生き物によって増やす、最低でも月1で行うこと
 ・底床の汚れがたまるとレッドエッグなどの病気のリスクが上がる



濾過

 ・濾過は混泳させる生物、水草などに合わせてOK
 ・ボトルアクア(無濾過、ヒーター有)でも可能
 ・水質の悪化に気をつけること




DSC_0087.jpg

「うっす!世話になりまっす!」




導入

 ・導入は慎重に行う
 ・病気は作らない、持ち込まない、持ち込ませない(非核三原則と同じw)

 ・購入する際、目、肌、お腹、足を良く見ること
 ・購入するピパ以外も観察して、病気が疑わしいピパがいた場合、
   特に注意して薬浴すること
  元気でも、病気の菌を持っていて移動、環境の変化により病気になる可能性がある
 ・ペットショップの水は絶対に入れない
 ・後から追加する場合も当然薬浴消毒すること








とても可愛らしく、飼いやすく、手に入りやすいカエルです。

その一挙手一投足は、見るものを癒してくれます。


コンゴツメガエルについての飼育法は、
シュレーゲルアオガエルと同じように情報が少ないです。

なので今後はヒメツメガエルについても載せていきたいと思っています。



「これから飼う」という方がいましたら、
ぜひぜひブログを始めて飼育の記録を書いてみませんか?

本当にちょっとしたことだけでも良いんです。

そうすることであなたのブログが役に立ち、

飼育法が分からない人や飼育に行き詰まっている人が減り、

幸せに暮らせるヒメツメガエルが増えると思っています。



この記事もまた、これから飼う方のために役に立てれば幸いです。

幸せなコンゴツメガエルが増えることを祈って、
これからも畳ブログを書いていきたいと思います。


※ただし今現在の私個人の考え(当然変わる可能性もある)であり、
 掲載している内容は間違っている、変更する可能性もありますのでご容赦下さい。※



それでは。

潜る

Posted by la mugio biancomua on   0 

今日は陽も差し温かくていい天気でした♪


最高気温は8度ですが、
太陽が出ていたのでもっと温かく感じました。


明日からは寒くなるそうなので、
雪が降り寒くなる前に・・・
シュレたん達に日光浴をさせました。

もちろん窓越しで、
室温はストーブで24度です。
(ケージ内室温は19~25)

窓越しとはいえ太陽の光をあびていたので体温も上がります♪


日光浴はカエルにとって非常に大事ですヽ(*´∀`)ノ





そして写真は全く関係ないのですが・・・





DSC_0029.jpg



潜る。





DSC_0030.jpg



潜る!




シュレたん土に潜る性質もあるので、

狭く、身体に触れる面積が多くなる場所は
やはり落ち着くみたいです(*´∀`*)




土に潜る性質は関係なく、
他のカエルも狭いところを好むので、

天敵に発見されにくく、襲われにくくなる
 =安心出来る、落ち着ける



・・・ということの方が大きいかもしれません。



こんな感じで葉っぱの上だけでなく、
たまには下も利用します♪





DSC_0037.jpg



狭いところ好きやねん・・・」(*・ω・*)




マルチングとしてバークチップを敷いて良かった!ヽ(*´∀`)ノ


日光浴については、
書き出すと長くなりすぎるのでまた今度!笑

最近のシュレーゲルさん (15年1月)

Posted by la mugio biancomua on   0 

1月もササッと終わり、早くも2月になりましたね(*^^*)


2月になり、
私の住む街の冬も本気を出し始めて、
最高気温が10度を下回る日が増えてきました。



気温が下がると気になるのはシュレたんと、コオロギさん!


シュレーゲルさんの写真が溜まってきているのですが、

何故かこの畳ブログは小出しで出さず、
長文で書きすぎるのでヾ(;´▽`A``笑



今回はあまりにも先送りになってしまった、

「クリスマスプレゼントのお話」

をしたいと思いますヽ(*´∀`)ノ笑




まずは現在の飼育環境です♪



基本的には変わってませんが、

一つ追加したものがあります!





12月以降の環境




上の枝でぐっすりしているのはアルちゃんです♪


そしてその下、ポールくんが乗っている植物!

クリスマスプレゼントとしてクリスマスにあげました(*^^*)



ちゃ、ちゃんと24日にあげましたよ!ヾ(;´▽`A``笑



先に書くべき他のネタが長文すぎて、
記事を練るのに時間がかかりすぎただけです;;;;(;・・)ゞ笑

すいませんシュレたん(ノ△・。)




と言うわけですっかり馴染んでしまっています!笑




クリスマスプレゼントで就寝中...zZZ




ポールくんもアルちゃんもぐっすり寝てます(*´∀`*)



植物の名前はサンスベリア

観葉植物としてとても有名で、乾燥に強いことで有名です♪

というのも、原産地はアフリカで、
サボテンも自生している乾燥地帯で育ちます。

日光が好きですが、室内でも十分育ち、
水やりも少なくて済むので
「世話をしなくていい!」という理由で、
オフィスなどでも良く育てられてます!


逆に水をやりすぎると腐りやすいので、
サンスベリアの良くある種では、
テラリウムなどでの難易度は上がるかなと思います。
お勧めはしません。



また、NASAで
「空気清浄効果の高い植物」
として発表され話題になりました♪



サンスベリアの何が良いかというと、

 ・葉が硬く安定している
   ⇒乗っかってもビクともしないので安心して寝やすい
    それから葉を綺麗に拭き掃除しやすいです

 ・弧を描いている
   ⇒身体が包まれるようになるので安心感を得られる
    葉の根元に下がるとさらにキツくなり居心地の良い場所が選べる


 ・乾燥している
   ⇒適度な湿度を保ちやすい
    水ゴケもあり、湿度が高めの植物も反対側に置いているので選べる
 



クリスマスプレゼントにご満悦



そんなわけでとても利用してくれて、
良く眠ってくれますヽ(*´∀`)ノ

ちなみに土はバークチップでおおっています♪
土による汚れ防止、です!



あとシュレたんが乗ってても移動させやすいです♪

毎日ケージを掃除するので私に慣れていることもありますが、
サンスベリアは安定しているので驚いたりはしません。

シュレたんが乗っている状態でケージの外に出しても、
基本的には大丈夫ですヽ(*´∀`)ノ



ドッキリ番組で、人が睡眠している間に、
布団ごと外に移動させて街中で起こす・・・



なんてありましたが、それの起こさないパターンですね!笑


とまあ、やりすぎはいけませんが、
カエルに直接触れずに観察出来るという点では良いのかなと思います。



サンスベリアは安眠させてくれる良いベッドになりますので、

温かくなりましたら玄関先に置いておくと、
アマガエルの良いベッドになる・・・かもです(*´∀`*)

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。