FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by la mugio biancomua on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カエルの眼に見えないもの【ヒキガエルの安全な脱走防止と落ち着かせ方】

Posted by la mugio biancomua on   0 

シュレーゲルアオガエルとヒキガエルを飼うことによって
初めて気付いたことが沢山あるのですが、

今回書きたいのは、
【カエルの眼に見えないもの】について。



それはズバリ透明なガラス、プラスチック



   著者 〜 lamugio biancomua 2015年7月29日



もちろん人間にも見えるわけではないのだが、
ガラスの存在を感じることが出来る。

そして「ここには透明なものがある」と、覚えることが出来る。



ではカエルはどうかと言うと、

少なくともシュレーゲルアオガエルとヒキガエルは、
透明なものが存在する場所を覚えることが出来ない。



例えばプラスチックのケージの壁や扉に飛び跳ねてぶつかってしまったり、
寄りかかってペタペタしたりする。



例として、
シュレーゲルアオガエルは臆病で神経質なため、
飼育者に反応して飛び跳ねて暴れるように逃げる行動を取る時がある。

そのとき透明な壁にぶつかったりしてしまうのだ。


この行動はカエルを飼育していると良くあるらしいのだが、
我が家ではほとんどその行動を取らなかった。

しかし最近になってアルちゃんがその行動を起こす事があった。

そしてあることをしたら暴れるような行動を一切起こさなくなった。


これに関しては後に説明する。



ヒキガエルで言えば、ヒキガエルは脱走を企てる行動を良くする。

プラケの上部(蓋)にある透明な扉に向かってジャンプして突撃するのだ。

ヒキガエルは力が強く、体重もあるので、
透明な扉もジャンプして何度も突撃することで開けてしまう。



DSC_0117_20150728012044fda.jpg

「・・・なんかある」



こういった行動はヒキガエルを飼育していると良く行うことが知られている。

透明な壁にぶつかることで鼻を怪我してしまう恐れもあるし、
衝撃によって脳にも悪い影響が出てしまうかもしれない。


しかしこの行動もまた、観察して考えてあげればすぐにとらなくなるのだ。



ヒキガエルがケージの上から出たがっているときの行動を観察すると、

蓋の黒い部分ではなく、
明らかに透明な部分を狙って身体を伸ばしたり、ジャンプしていることが分かる。


もし空気の流れを感じているのなら、
空気が流れるスリットの入った黒い部分を狙うと思うのだがそうではなく、
透明な蓋の部分に狙いを定めているのだ。


そこで透明な部分だけに紙(ティッシュなど)を乗せてみる。
透明不透明な壁にする。


たったのそれだけで透明部分へのジャンプなどの脱出行動を一切しなくなるのだ。

ケージという箱に入れられたからといって、
その壁面や天井部分に、無作為になんにでも突撃するわけではない事が判明した。



これは明らかに透明なプラスチックやガラスが見えておらず、
そしてその透明なものの存在を知らず、覚えられない


カエルからすると「開いている」「ここから通り抜けられる」ように感じている(見えている)からだと考えられる。



同じように、ケージの壁面にペタペタと寄りかかり、

「ん?なぜだか出れない・・・」

という行動を取る時があるが、

その行動も不透明なものでケージを覆ってあげることで、
「ここに壁があるよ」と教えてあげるとその行動もほとんど取らなくなる。




シュレーゲルアオガエルの話しに戻るが、

同じようにケージを囲ってあげると暴れるような行動を取らなくなる。

暴れるような行動は、
その場から逃げようとして、遠くに移動しようとジャンプするがなぜか行けない。

もちろん透明な壁があるからなのだが、そのことが分からないため、
その場から離れようとしてまた透明な壁にジャンプしてぶつかってしまう。

こうした行動はカエルは『飼育者=天敵』と考えているためで、
天敵が近付いたことで逃げようとしてこの行動を起こすのだ。

なので、外側を見えなくしてあげる。

つまり前述したように囲ってあげると外側が見えなくなり、落ち着くのと同時に、
壁の存在が分かるため、頭から壁に突撃することもなくなるのだ。



さらに別の例だが、

ケージの中にいるヒキガエルに見えるように、ケージの外に餌となる昆虫を置くと、

一生懸命、透明な壁にすり寄って昆虫に近付こうとしたり、
昆虫に向かって舌を伸ばして捕食しようとするが、透明な壁に舌がぶつけることをひたすら行ったりする。


そのときは『なぜ捕まえられないのか』を考えているのかは分からないが、
単に「外した」と思ってまたトライしているように感じる。

この行動もまた、透明な壁を認知していないから起こすのだと考えている。



カエルからしたら、「この世に透明な壁などあるわけがないのだ」


でははどうなのか、というと、
水の壁はないし、例えあっても通過出来る。

氷の壁はどうか。
と考えても、たとえ非常に透明な氷の壁があったとしても、その時期は寝ている(笑)


だから人間が生み出した透明な壁の存在を、
少なくとも野生出身のカエルは透明な壁が自然界に存在しないために知らないのではないか。






カエルとは関係ないのだが、

エビを飼っている水槽に向かってたまにハエトリグモがジャンプして捕食しようと突撃することがある。

もちろんガラスの壁にぶつかってしまうのだが、その姿は何とも可愛らしい(*´∀`*)



あと、ヒキガエルが外に出たい時は出して部屋を散歩させることも良くする。

元々野生出身のヒキガエルのヒキオくんは、毎日沢山歩き回っていたからだ。


よく、「ヒキガエルは一日中じっとしている」等と言われます。


しかし野生のヒキガエルを観察していたことがあるのだが、
文字色野生のヒキガエルは毎日沢山に歩きます。

具体的に言うと、朝から夕方にかけて涼しい場所を探しながら日の当たらない場所を移動し、
夜は餌を求めて日中歩かない場所も沢山歩きます。


なので、ヒキガエルの場合は散歩させてあげて、筋肉を衰えさせないことも大事だと考えています。

ヒキオくんは部屋に放してあげると勝手に歩き回ります。

散歩についてはまた別の記事を書きます。



それから、透明な蓋に突撃しても良いように、基本的にキチンと閉めていません。

閉めてしまうとただの壁になり、鼻を怪我してしまうかもしれませんが、
いつでも開くようにしておくと、衝撃を吸収するのではないかと考えているからです。


もちろん脱走してしまうかもしれないので、
基本的には脱走されないように紙を置いて、
「ここからは出られませんよ」という風にしています(*^^*)






ヒキガエルを飼っている方、
脱走にお困りの方は参考にしてみて下さい。

それからこの記事を読んで試した方は結果を教えていただけたら嬉しいです♪

スポンサーサイト

すっかり夏本番

Posted by la mugio biancomua on   0 

暑いですね、もうすっかり夏本番を迎えています。

外気温は35度になる日もあり、
室温も30度を超える日もあります。


シュレーゲルたんもヒキガエルもケージはプラケを使っており、
上にしか開口部がないので若干暑くなります。

平均温度は大体30度前後です。



DSC_0047_20150728020833546.jpg

「暑いから降りてくれ」




この暑さでどんな影響があるか見ているのですが、

若干汗をかいてツヤツヤになっていることが多いかな?

という程度で、今の所あまり大きな変化はありません。


30度を超える日を迎えた頃(7月の初め頃)は、
一度ポールくんが1週間ほどご飯を食べない日が続きましたが、

今は毎日のように飛びついて食べていますヽ(*´∀`)ノ

経験的に、1週間程度なら大したことがないと考えていますし、
食べない日もよく鳴いていましたので、
体調を崩したというわけでは無さそうでした。



それでも彼らにとっては室内での初めての夏を迎えるので、
しっかり毎日見てあげて、
室温、湿度、食欲の変化に気を配らなければいけません。



夏の暑さに弱いという話しも聞きますが、

しっかり気を配れば、なんといっても日本ですし、
野生の子達はもっと暑い外で生きているので、
大丈夫だと思っているのですが・・・どうでしょう(笑)


よっぽど閉め切って以上に温度が上がりすぎた環境じゃなければ、
蒸し焼きにはならないと思っています。


DSC_0072.jpg


 ・日光が当たらないこと。

 ・水場が確保されていること。

 ・しっかりと開口部があること。

 ・部屋が閉め切られていないこと。

 ・室温が上がりすぎないこと(少なくとも外>室内であること)



これらが満たされていれば楽観的ですが大丈夫なのではと考えています。


今のところは特に問題がないので、
暑さが続く限り見守っていきたいです(*^^*)

【拒食相談】怪我によって起こる拒食を解消するために

Posted by la mugio biancomua on   0 

中々更新出来なくてすみません。

FC2の仕様上、1ヵ月更新しないと広告が表示されてしまうので、
気にしていたのですが中々出来ませんでした。


某掲示板にてイエアメガエルが拒食している」という相談がありました。
その相談に答えたので、こちらにもまとめておこうかなと思いました。



◆◆

イエアメガエル(オスメス不明、?歳)

飼育開始 : 2015年4月から
ケージ : 600x450x450 テラリウム
温度 : 25~30
湿度 : 不明、朝にジョウロ、夜に霧吹きで水やり
照明 : 7~18hまで点灯

拒食期間 : 4月の半ばから7月現在まで
     来た当初は少し食べていた
     元々食が細かった?
  原因 : 左前足に潰瘍を発症

潰瘍の具合 : 1ヵ月ほどで落ち着く
   治療 : 隔離し、患部に薬を塗る

様子 : テラリウムの影に2週間隠れつづける
   その後昼は影で隠れ、夜は顔だけ出す

餌の与え方 : ピンセット給餌
餌の種類 : イエコ、ハニーワーム、デュビア(幼虫)、レッドローチ、ジャイミル
餌への反応 : 反応せず、眼をつむって顔を引っ込める

質問 : 強制給餌をすべきなのか

◆◆



2ヵ月以上食べていないということなので、
まずは強制給餌を勧めました。

強制給餌のあとは塩水浴
その後2、3日様子を見ること。


恐らく今の環境、食べさせ方では食べることが出来ないのと、
体力があまり残っていないと思われるので、
自分から食べることは難しいと考えたからです。


ピンセットによって餌を食べさせようとしていたのですが、
ピンセット給餌はカエルに「ピンセット=食べ物」と認識させることで食べさせることが出来ますが、
一度拒食すると簡単に忘れてしまいます。

カエルにはピンセットで活きエサを摘んで差し出しても、
餌だけを見ることはなく、一塊としてを見ます。
警戒していると特に難しくなります。


また、餌として認識するのは、
その場で動いているものではなく、
移動する物体を餌として認識するので、
ピンセットで摘んだものがジタバタしてもダメなのです。


では活き餌を放すのはどうかというと、
このカエルはケージの中を自由に動き回っていないようなので、
餌を発見するのは難しいと思われました。

また、テラリウムはごちゃごちゃしていたのでカエルから見える位置に餌が来るかどうかは分からない。
そして活きエサ自体にとっても隠れる場所が多すぎました。



塩水浴は金魚でも有名ですが、
カエルの治療にも効果があります。

塩水浴の効果は、

 ・体液の循環
 ・代謝を上げる
 ・老廃物等の排泄を促す
 ・体表面の殺菌



潰瘍の治療はしていたが、
病院には連れて行っていないようなので、
塩水浴によって代謝を上げ、自己治癒力を高める。
強制給餌によって受けたストレスを少しでも解消するため
、です。

温水浴もよく聞きますが、
いまいち効果が分からないので勧めませんでした。


たまったストレスを解消するのと、
弱った消化器官に急に食べ物が入ったので消化が終わるまでは刺激しないために2、3日様子を見ること。


その後は拒食を解消するために餌が視認しやすいように
レイアウトをシンプルにすることを勧めました。


今後どのように進展するかは分かりませんが、
環境を変え、餌を食べるようになるまで数日は掛かると思われます。

拒食によって飼い主の精神面にもかなり負担がかかります。
ひたすら不安な状態が続くためです(笑)

いち早く食べてほしい、という思いは分かりますが、
カエルが食べてくれるのを飼い主は落ち着いて気長に待つしかありません。

でもそれがペットを大切に思う人ほど難しい。
大切な人が病気になって焦るのと同じです。

しかし焦っても結果は変わらないので落ち着くしかないのです。

日光浴 ④ 太陽を浴びずに育ったシュレーゲルアオガエル・モリアオガエルについて

Posted by la mugio biancomua on   2 

私がシュレーゲルアオガエルを飼うにあたり、
やはり「オタマジャクシから育てたい!」という想いがありました。

オタマジャクシや変態後すぐのカエルから育てると、人間に慣れやすいカエルに育つからです。


これは他の動物を育てても同じだと思います。
子供の頃から人間に慣れるように育てると、人間に慣れやすくなります。


インターネットにある、シュレーゲルアオガエルの有名な飼育方法にもまた、同じように書いてありました。

特に野生から生体のシュレーゲルアオガエルを捕まえてきて育てる時は、
エサの場所を覚えるだけでも十分だと言われていました。

ましてやピンセット給餌は不可能だ、と書かれています。

ただ、実際に飼ってみると本当に臆病で神経質なカエルですが、
人間に慣れますし、ピンセット給餌は出来るようになります。


また、オタマジャクシから育てることでよりカエルのことを知りたいと考えていました。
成長につれてどのように飼育の仕方を変えていくか等を考えたかったのです。


なのでオタマジャクシから育てる方法をインターネットで調べ尽くして、
実際に飼う際にどうするかを考え、イメージしていました。


そして、飼育されているシュレーゲルアオガエル、モリアオガエルを調べていくうちに、
ある一つの疑問が生まれました。



 ④『オタマジャクシ、または変態後すぐから育てられたシュレーゲルアオガエル・モリアオガエルは、野生のような綺麗な緑色には育たない。』



インターネットで飼育ブログを調べたことのある方なら見た事があるかもしれませんが、

少し色の薄い青緑色のシュレーゲルアオガエル、モリアオガエルの写真を見た事がありませんか?

いわゆる珍しい青色(水色)のカエルでもなく、少し彩度(色の鮮やかさ)が落ちた青緑色の肌のカエルです。


自然下ではあのような色のカエルに育つことは殆どありませんが、
オタマジャクシや変態後すぐから飼育されたシュレーゲル、モリアオは彩度の落ちたカエルに育つことが多いのです。


このことから、遺伝とは別に、『オタマジャクシから生体に成長するまでの間に浴びた光(波長)によってシュレーゲル、モリアオの体色は決まる』と考えています。


太陽光には、様々な色の光が含まれていることがニュートンの実験によって証明されています。
可視光線の中で一番波長が長い色は赤色で、一番波長が短い色は青紫です。
(波長が短い順に、紫、青、青緑、緑青、緑、黄、橙、赤)


太陽光には、その全ての波長の可視光線がほぼ均等に含まれています。

なので、太陽光を浴びて育つと、
いわゆるシュレーゲルアオガエル、モリアオガエルの発色の良い鮮やかな緑色の体色になります。



室内で育てられると、太陽光を浴びることが出来ません。
代わりに蛍光灯の光を浴びることが殆どだと思います。

蛍光灯の光は黄や青の光が、他の色の光より多く含まれています。
なので緑ではなく、青緑のような体色になるのだと考えられます。

また、室内の照明は太陽光と比べると遥かに暗く
周囲の状況によって異なりますが、4倍(日の出1時間後)から100倍ほど照度の差があります。
曇りの日の昼間と、明るいパチンコ店内の照明でも25~30倍以上も外の方が明るいのです。
(これが室内で日向に生える植物が育たない理由の1つです)


この明るさの差が、野生のカエルの体色を鮮やかに成長させて、
室内で育ったカエルは体色が薄く、鮮やかに育たないのだと考えています。

(強い照明を使って育てれば違うかもしれません)


ここまで書きましたが、ではこの差が。
生育期に太陽の光を受けずに育ったことでカエル自身にどう影響するのかは分かりません。

もしかしたら野生のカエルと比べて悪い環境、または恵まれすぎた環境の影響で様々な機能が育ちきらず、
免疫力が弱く、骨密度の低いカエルに育つかもしれません。
逆に生育期から飼育され、栄養のバランスの取れた餌を食べて育ったことで健康に育つかもしれません。

これは本当に細かく研究しないと分かりません。
また、生体から飼育しても老化とは別で徐々に機能は落ちていくのだろうと思っています。
あくまで可能性ですが、こういったことを無視せず、向き合った上で飼育しなければなりません。
『生き物を飼う』とはそういう事なのです。


ただ、2015年6月現在。
このブログにおいて私が主張したいのは、
『「健康に育つ上で日光は必要ない」とは考えにくい』ということです。





①〜④という4回に渡り、日光浴について学んだことを書いてきました。

今回のように飼育における日光浴について書かれたものがインターネット上では殆どなかったので、
私なりに調べ、勉強し、考えた上でまとめさせていただきました。

特に今回の記事に関してはカエルに関する情報を載せているブログ等ではあまり書かれていません。
体色の鮮やかさと日光の関係は他の生物でも知られています。
(飼育される生物においては、いわゆる色揚げなどです。)

これから飼育することを考えている人のためにも明記しておくべきだと考えました。

日光浴がカエルにとってどういうものか、どう影響するのかを知った上で、
自分はどうするべきか。
日光浴を強制したいわけではないですし、
各々の流儀にあった飼育スタイルというものがあるのでとやかく言う立場ではありませんが。
カエルを飼育しているけど日光浴に関して知らない方は、
どういう飼育をしていくことが良いのか、
改めて試行錯誤し、考えなおす切っ掛けになれば幸いです。


DSC_0113.jpg

日光浴 ③ 緑色にならなくなったアマガエル

Posted by la mugio biancomua on   0 

先日、日光浴についての記事を二つ。


 ① 日光浴の方法と注意点

 ② 日光浴の必要性


と書いて満足していましたが、

もう2つ!

大事なことを書き忘れていたので、

③、④を書きたいと思います。


 ③ 緑色にならなくなったアマガエル

 ④ 幼少期に太陽を浴びずに育ったカエル


この二つについて分かっていることを書きたいと思います。






緑色にならなくなったアマガエル


これは、
「捕まえた時は綺麗な緑色だったのに、飼育ケージに入れてから灰色になり、緑色にならなくなった」

そんなアマガエルに対する例です。


「アマガエルは環境に合わせて体色を変える。」
というアマガエルの性質は有名です。

アマガエルの体色変化はホルモンによって行われるのですが、
主に目から入った光の刺激を受けてホルモンを分泌して、体色を変化するそうです。

変色は温度、湿度、光、その時のアマガエルの休息状態によって左右されるそうです。


体色変化に関して詳しく知りたい方は検索して下さい(笑)
ただし、まだアマガエルの変色に関しては謎も多く、分かりきってはいないそうです。



この性質を踏まえて、
捕まえてきた緑色にならないアマガエルを緑色にしたい人がまず行うのは

「ケージに植物を入れれば良い!」


という行動を取るのですが、大抵効果がありません。


ではここで、問題です!
急ですが問題です!






 Q, ある健常者を部屋に招き、赤色と青色と緑色の両面同じ色で塗られた3枚のカードを見せてシャッフルし、1枚ずつ並べました。
   そして「右から順に色を教えて下さい」と聞いたところ、「わからない」と答えました。
   それはなぜでしょうか?




アマガエルの話しに戻りますが、

体色変化は目から入った情報だけでなく、肌に触れた色も読み取り、体色を部分的に変化させることが出来るそうです。

しかし、例外があって、
アマガエルは日頃から強い光を浴びていないと明るい体色=緑色に変化出来ないのです。

捕まえてきたアマガエルが緑色にならなくなったのは、
「ならない」のではなく、「なれない」からなんです。


太陽の光を浴びることが出来なくなり、
周りの環境の色彩を読み取れなくなっているのです。


なので対処法(あまり良い言い方ではありませんが)は、

太陽光の入る窓辺や外に飼育ケージを置くこと、です。

 ※ただし日が長時間当たりすぎる場所は温度が上がりすぎたり乾燥しすぎたりして危険なので、注意して下さい。

詳しくは、
① 日光浴の方法と注意点
を読んで下さい!


「あまり良い言い方ではない」というのは、
緑色にするという目的のためだけに日光浴をさせるのではなく、
アマガエルの健康を促進するために日光浴をさせてほしいという考えからです。

否定出来る立場ではないのですが、
こういったものを書いて少しでも経験や知識を広めていければなと考えています。


この記事を読んだカエル飼育者のみなさんもぜひブログを開設してほしいと思っています。


情報をインプットするだけでなく、
みなさんの貴重な飼育の経験をアウトプットしてほしいのです。


飼育に関して調べていて、
この畳ブログに行き着いた方なら分かると思いますが、

まだまだカエルに関する情報というのは少ないのが現状です。

カエルについての飼育の日記を書き留めていくことで、
それがこの先、カエルに興味を持った方の道しるべになっていくからです。

少しでも多くのカエル達が少しでも幸せになれるようにこのブログを通して知識や経験を役立ててほしい、という想いで私自身もこのブログを書いています。

どうかご理解いただければ幸いです。



では、先ほどの10秒で考えた問題の答えですが、


 A, 部屋が暗くて色が分からなかったから


でした(笑)


アマガエルもまた、部屋の照明程度の光では植物の緑を感じることが出来ません。
なので日光を浴びさせてあげよう、というわけでございました。。

緑色だったアマガエルが灰色になり、
植物を入れても緑色に戻らなかった際は試してみて下さい。


アマガエルは専門ではないのに、しゃしゃりでてすいませんでした。。


次回は、『④ 日光を浴びずに育ったカエルは緑色に育たない』です!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。